レーベルのこと、最近の音の傾向、制作スタイルなどについてRA Japanさんのインタビューでお話しさせていただきました。

これまで、作品が世に出てくれて、世界中のどこかでこういうものが好きなリスナーさんがいたら良いな、というスタイルでやってきたのですが、どういうわけかこの数年作っている曲たちはあまりに奇妙で、どの音楽シーンでも敬遠されてしまいそうな曲たちばかりで、、。それでもある種の自信というか、作品の中で言いたい事がようやく言えるようになってきたかなという自分自身の感触もあったりしました。

少数派であることはきっと間違いないけれど、こういう音楽が好きな人も世の中に絶対いるだろう、寧ろ、そういう人たちは今どこか飢えているんじゃないかなと、以前よりも音楽を自分から届けたいという気持ちが強まったことが、Kebko Musicを始めようと思ったきっかけでした。

今後も面白い音楽を届けられるように頑張りますので宜しくお願いいたします!

 

RA Japanさんのインタビュー、こちらよりご覧いただけます!

You can find my latest interview on RA Japan. (only Japanese available) Read the interview

ra